地デジ放送への移行

2011年に、テレビはアナログ放送から地上デジタル放送に完全移行しました。この地デジのメリットとしては、まず高画質・高音質ということが挙げられます。アナログ放送では体感できなかった迫力ある画像や、美しい音楽を楽しむことができるのです。また、視聴者が番組に参加できたり、データを見たりできる双方向サービスも大きな特徴の一つでしょう。

つまり、テレビは見るだけのものではなく、日常生活を送る上で役立つ情報を与えてくれるものとなりました。これは、高齢者や身体に障害のある人たちにとっても有難いサービスとして喜ばれています。

また、電波の有効利用という視点から見ても、地デジは効率的なものと言えます。地デジ放送にすることで、チャンネルを大幅に減らすことで、周波数の空きに余裕が出てくるのです。これにより、空きの周波数の有効活用が見いだせるということです

地上デジタル放送は、世界的に見ても大きな流れとして捉えられていました。日本だけアナログ放送のままであれば、世界的な流れから孤立する恐れもあります。そしてもちろん、情報にもタイムラグが生じてきますので、新鮮でグローバルな情報を得るためにも地デジ化は自然な流れだったのです。