地デジアンテナの基礎知識

地デジ放送を楽しむには、地デジアンテナが必要となります。アナログ時代のアンテナでは、地デジ放送を充分に活用することはできません。この地デジアンテナですが、種類としては一般的な屋外用と、屋内・屋外兼用のもの、そして屋内用のものがあります。

地デジアンテナとして、安定性と性能の面で見ればやはり屋外用アンテナが最も優れています。ただ、その取り付けは屋根などの危険な箇所になりますので、業者に依頼することになり、その際は工事費が発生します。これに対し、屋内・屋外兼用アンテナは専用スタンドで自分で取り付けることができます。しかしこれも、受信の調整が必要ですので、やはり業者に依頼するのが無難と言えるでしょう。屋内用アンテナは手軽なアンテナですが、性能面で劣る部分がありますので、よほどのことがない限り、使うことはありません。

そして地デジ放送を受信するには、電波塔からの距離や障害物などの受信条件を考える必要があります。多くの場合、屋外用アンテナであれば問題なく受信できますが、稀に高層ビルの陰など受信レベルが低い場所があります。このように、受信電波にも強さがありますので、そういう意味でも地デジアンテナの設置は業者に依頼するのが好ましいと言えます。