地デジアンテナの設置

地デジ放送を楽しむためには、まずは電波の強さ、つまり電界強度を知る必要があります。地デジは電波塔から電波が発信され、それを地デジアンテナでキャッチする仕組みです。この電波が弱かったり、あるいはその発信場所とは違う方向へアンテナが向いていたりすれば、せっかくの地デジ放送も充分に楽しむことはできません。

電波塔は身近なところにあり、ほぼすべてのエリアをカバーできています。ただ、中には微弱電界地域もあり、電波の受信感度が低いところもあります。そういった場合は、ブースターなどを使うことになります。また、強電界地域であっても、ビルなどの障害物があれば、電波が遮られ、受信感度は低くなります。

このように、地デジ放送を見るためには、アンテナの種類や電波の強さ、向きなどの知識が必要となります。また、アンテナ設置には危険を伴うこともありますので、やはり専門の業者へ依頼するのがいいでしょう。また、地デジアンテナは設置以外にも受信の微調整など、専門知識が必要です。地デジ放送は便利なサービスでもありますし、欠かせない情報ツールでもあります。この地デジを充分に活用するためには、地デジアンテナの設置は重要で、そのためには設置を業者に依頼するのが正しい選択と言えるでしょう。


地デジアンテナの基礎知識

地デジ放送を楽しむには、地デジアンテナが必要となります。アナログ時代のアンテナでは、地デジ放送を充分に活用することはできません。この地デジアンテナですが、種類としては一般的な屋外用と、屋内・屋外兼用のもの、そして屋内用のものがあります。

地デジアンテナとして、安定性と性能の面で見ればやはり屋外用アンテナが最も優れています。ただ、その取り付けは屋根などの危険な箇所になりますので、業者に依頼することになり、その際は工事費が発生します。これに対し、屋内・屋外兼用アンテナは専用スタンドで自分で取り付けることができます。しかしこれも、受信の調整が必要ですので、やはり業者に依頼するのが無難と言えるでしょう。屋内用アンテナは手軽なアンテナですが、性能面で劣る部分がありますので、よほどのことがない限り、使うことはありません。

そして地デジ放送を受信するには、電波塔からの距離や障害物などの受信条件を考える必要があります。多くの場合、屋外用アンテナであれば問題なく受信できますが、稀に高層ビルの陰など受信レベルが低い場所があります。このように、受信電波にも強さがありますので、そういう意味でも地デジアンテナの設置は業者に依頼するのが好ましいと言えます。


地デジ放送への移行

2011年に、テレビはアナログ放送から地上デジタル放送に完全移行しました。この地デジのメリットとしては、まず高画質・高音質ということが挙げられます。アナログ放送では体感できなかった迫力ある画像や、美しい音楽を楽しむことができるのです。また、視聴者が番組に参加できたり、データを見たりできる双方向サービスも大きな特徴の一つでしょう。

つまり、テレビは見るだけのものではなく、日常生活を送る上で役立つ情報を与えてくれるものとなりました。これは、高齢者や身体に障害のある人たちにとっても有難いサービスとして喜ばれています。

また、電波の有効利用という視点から見ても、地デジは効率的なものと言えます。地デジ放送にすることで、チャンネルを大幅に減らすことで、周波数の空きに余裕が出てくるのです。これにより、空きの周波数の有効活用が見いだせるということです

地上デジタル放送は、世界的に見ても大きな流れとして捉えられていました。日本だけアナログ放送のままであれば、世界的な流れから孤立する恐れもあります。そしてもちろん、情報にもタイムラグが生じてきますので、新鮮でグローバルな情報を得るためにも地デジ化は自然な流れだったのです。


地デジアンテナは業者で

テレビがアナログの時代から、デジタルに移行したのは2011年のことです。アナログの頃とは違い、デジタルは高画質で高音質な放送を楽しめ、さらにネットを経由して番組に参加できる相互通信ができることが特徴として挙げられます。もちろん、天気予報やニュースなどの情報を知りたい時に取り出せるのも、デジタルならではのサービスです。このようにデジタル放送は生活に密着したとても便利なツールとして、すっかり定着しました。

このデジタル放送を楽しむには、まずは電波をキャッチする必要があります。デジタル放送の電波は全国各地にある発信塔などから送られてきます。これをキャッチするのが地デジアンテナです。地デジアンテナには屋外用と、屋外・屋内兼用、そして屋内用のものがあります。性能面や電波の安定性を考えるとやはり屋外用のアンテナを設置するのが好ましいでしょう。

この地デジアンテナの設置ですが、屋外・屋内専用や屋内用のものは自分で取り付けができますが、屋外用のものは高所での取り付けとなりますので、危険が伴います。やはり、専門の業者に依頼するほうがいいでしょう。また、電波も発信塔からの距離やビルなどの障害物の影響で、キャッチしにくいことがあります。こうした場合も、専門の業者であればブースターを取り付けるなどの処置を施してくれますので安心です。このように、地デジアンテナの設置には専門的な知識が必要なのです。このサイトは、こうした地デジアンテナの設置について説明します。